サステナビリティ展

エンパイアステートビルの持続可能性に対する画期的な取り組みを紹介

この展示は、2階のエレベーター乗り場の手前に位置しています。

世界の象徴となるなら、世界レベルの模範を示さなければなりません。 そこでエンパイアステートビルは、2009年、持続可能性を実現する改修プロジェクトを開始しました。そしてこのプロジェクトは見事、賞を受賞するに至りました。 プログラムの完了により、当ビルはエネルギー総使用量を38パーセント以上カットし、エネルギー費用を年間440万ドル削減。さらにCO2排出量は、次の15年間で10万5,000メートルトン減少します。

この改修プロジェクトを訪問者の皆様に知ってもらうため、当ビルでは2階のチケット売場の列ができる場所に、サステナビリティ展を設置しています。 この展示では、全面改修に採用された最先端テクノロジーとプロセスが紹介されています。 デジタルディスプレイや彫刻、実際の建築材料などを使いながら、卓越した改修プロセスの物語が楽しく、分かりやすく解説されいるので、あらゆる年代の人々にお楽しみいただけるでしょう。