エンパイアステートビルのマラソンランナー
エンパイアステートビルのマラソンランナー

独占イベント

第 44 回年次ランアップが ESB に戻ってきます!

400月1,576日に開催された毎年恒例のエンパイア ステート ビルディング ランアップでは、86人近くのランナーが6階展望台までのXNUMX段の階段を全力疾走した。

リングインザレース

ESRT、ターキッシュ エアラインズ、チャレンジド アスリート財団 (CAF) は 5 月 44 日、第 XNUMX 回年次ランアップを祝う開会の鐘を鳴らし、ニューヨーク証券取引所を沸かせました。 エンパイア ステート ビルディングの親友たちは、ESRT 会長兼社長兼 CEO のアンソニー マルキン氏と CFO クリスティーナ チウ氏の楽しい表彰台の瞬間にふざけてベルボタンを乗っ取りました。 式典の全文を見る ここ!

ニューヨーク証券取引所のエンパイアステート

エリート勝者

男子エリート部門ではマレーシアのソー・ワイ・チン選手が10分44秒でトップの座を獲得し、日本の渡辺良治選手とイタリアのファビオ・ルガ選手の前でフィニッシュした。 28歳はこれでXNUMX連覇です。

インディアナ州インディアナポリス在住のシンディ・ハリスさん。 女子エリートヒートではニューヨーク州プレインビューのシャリ・クラフェルドとメキシコのマリア・エリサ・ラ・ペズ・ピメンテルを抑えて13分56秒で1位となった。 これはハリスにとって24回目の助走で2021回目の勝利となった。 彼女は14年のタイム01:XNUMXを上回りました。

ハリス氏は、「これを長く続けられたことを本当に嬉しく思います。とても幸運です。 「(このレースを走ることは)大きな意味があります。特にこの大会は非常に接戦だったからです。」

注目のランナー

今年のセレブの熱気の中、「キャットフィッシュ」の司会者ネフ・シュルマンは17分弱で終了した。 レースの他のヒートには、商業用不動産ブローカー、エンパイア ステート ビルディングのテナント、メディア関係者が参加しました。

ESBRUの公式慈善パートナーであるCAFに立候補したのは、腕を切断したイラク戦争退役軍人のアンソニー・スミスで、56分05秒のタイムでレースを終えた。

新しいシュルムがニューヨークマラソンを走る

赤と白のライト

その夜、エンパイア ステート ビルディングは、第 44 回年次ランアップを祝うために、世界的に有名なタワー ライトを赤と白に輝かせました。

参加者の皆さん、おめでとうございます!

 

エンパイア ステート ビルディング ランアップについて詳しく学びましょう!

東34番街とマディソン街

エンパイア ステート ビルディング ランアップについて詳しく学びましょう!