Frequently Asked Questions

Buying Tickets

The Main Deck is a large outdoor observatory on the 86th floor. The Top Deck is more intimate, and inside a climate-controlled gallery on the 102nd floor. Both offer panoramic views of the city and great opportunities for taking photographs or just gazing at the sights. You can buy a ticket to just the Main Deck, or you can get a combination ticket that covers both decks. The 102nd floor Top Deck can only be visited in conjunction with the Main Deck.

Express tickets allow you to skip any lines or queues that have formed for the elevators up to the 86th and 102nd floors. Visitors with express tickets have direct access to the elevators and will not have to wait. You can buy an express ticket to the 86th floor Main Deck, or to both the 86th floor and 102nd floor.

You can choose to pick up your tickets at the kiosk on the second floor of the Empire State Building when you visit, or, if you prefer, tickets can be emailed to you so you can print them before you arrive. You can choose either option during checkout. Mobile tickets are not available at this time.

20人を超える団体については、団体割引ページをご覧ください。 要人や有名人の来場を手配する場合は、著名なご来場者ページをご覧ください。

できません。チケットは1回限り有効です。 展望台を出てから再入場するには、もう1枚チケットを購入する必要があります。

オンラインで購入した展望台のチケットは、ご購入日から1年間いつでも使用できます。 チケット売り場で購入したチケットは、ご購入日から14日間いつでも使用できます。

午前8時から午前2時までいつでも来場でき、最終の上りエレベーターは午前1時15分です。 決まった来場時間帯や時間制限はありません。

はい。 近年では便利なオンラインチケットをご利用になるお客様が増えていますが、従来通り窓口でも販売しております。

展望台のチケット売り場では、米ドル、米ドル建てのトラベラーズチェック、主要クレジットカードをご利用いただけます。

Getting to the Empire State Building

お車でのご来場はご遠慮ください。 どうしても必要な場合、一番近い駐車場はビルの向かい側の33rd Street(Fifth AvenueとBroadwayの間)にあります。 エンパイアステートビルは、マンハッタンのミッドタウンのどの場所からでも徒歩数分でお越しいただけます。

道順については、当サイトの地図ページをご覧ください。

展望台へお越しの方は、33rd Streetと34th Streetの間のFifth Avenue側からご入場いただく必要があります。33rd Streetおよび34th Street側の入口は、テナントとその来客専用となっておりますので、ご注意ください。

Your Visit

エンパイアステートビルはADA(米国障害者法)に完全準拠しています。 86階の展望台には障害者用トイレがあり、展望窓と双眼鏡の高さも低めに設置しています。 補助犬(盲導犬・聴導犬・介助犬)は全館ご同伴いただけます。 車椅子(電動・手動)もご利用いただけます。 86階の展望台には、車椅子のお客様が移動しやすいようスロープを設置しています。また、車椅子に座ったまま眺めをお楽しみいただけるよう、壁の高さも低めにしてあります。 102階の展望台の壁は現在、高めに設置されていますが、すべてのご来場者にご利用いただきやすいよう、改善に取り組んでいます。

80階のギフトショップでは、エンパイアステートビルの豊富な記念グッズを取り揃えており、ほとんどがここでしか手に入らない限定商品です。またはオンラインでも購入できます。

エンパイアステートビルでは、24時間体制で常時警備を行っています。 ご来場者の目に触れるのは、空港のセキュリティチェックに似た一次セキュリティチェックのみです。 ただし、ご来場中の行動は、監視カメラその他の方法で常時監視させていただいておりますので、あらかじめご了承ください。

エンパイアステートビルでは下記の品目の持ち込みを禁じています。 これらの物をセキュリティ検査エリアにお持ち込みにならないようお願いいたします。 押収物は返却されない場合があります。 このリストはすべての品目を記載したものではありません。持ち込み可能かどうか不明な品目については、持ち込みをご遠慮ください。 ご質問やご不明な点がございましたら、警備員にお尋ねください。

  • エンパイアステートビルでは、銃、弾薬、ナイフ、刀、はさみ、催涙スプレー、危険物、危険性のある軍用/民生用の品を含むあらゆる武器の持ち込みを厳重に禁止しています。
  • 瓶、グラス、ビー玉などのガラス製品
  • 酒類
  • カン、ボトル、ウイスキーボトルなど
  • プロ用カメラ、機器、カメラスタンド、モノポッド、二脚、三脚
  • スケートボード、ローラースケート、ゴルフクラブ、野球バット、ホッケースティック、野球ボール、フットボール、テニスボールなどのスポーツ用具
  • スプレー式塗料、マジックペンなどのマーカー用具
  • 楽器
  • 大きい荷物、スーツケース、手荷物、その他の小包
  • コスチュームやマスク

エンパイアステートビルには、私物用のロッカー保管設備がありませんのでご注意ください。

次の法執行機関にご所属の方でない限り、銃は押収され、銃を所持している方は逮捕されます。

  • ニューヨーク市警察
  • ニューヨーク州警察
  • FBI(連邦捜査局)
  • 米国シークレットサービス
  • 米国国務省

いいえ。展望台で三脚は禁止されており、ビル内に保管施設はありません。

はい。 エレベーターは、ベビーカーをお持ちの来場者も利用できます。 展望台ではベビーカーを畳んでください。

トイレは86階のみにあります。

高倍率の双眼鏡があり、あらゆる方向の眺めがクリアに見渡せます。

展望台にレストランや売店はありませんが、ロビー階の中央ホールにお食事施設が豊富に揃っています。また、展望台ツアーの出口付近にはウォルグリーンもあります。 こちらをクリックして、ロビー階のショップやレストランの一覧をご覧ください。

はい。エンパイアステートビルのすべての入場券には、携帯用デバイスによる無料の マルチメディア・ツアーが含まれています。

時間制限や指定の見学時間帯はありません。 少なくとも1時間、メイン展望台とトップ展望台の両方に行く場合は、もう少し長い時間を確保しておいてください。

暖かい季節の混雑時には、チケット購入とエレベーターの待ち時間が長くなる可能性があります。 チケット売り場をスキップして、その他の行列の先頭に直行できるエクスプレスチケットをオンラインで購入すると、このような待ち時間を短縮できます。 

毎年恒例のエンパイアステートビル・アニュアル・ランアップに出場する場合に限ります。 その他の期間に来場者が階段を使うことはできません。

はい。 毎日午前2時まで開いており、上りの最終エレベーターは午前1時15分です。 ライブ演奏は、木曜日~土曜日の午後10時から午前1時までです。

一番空いているのは午前8時と午後3時ごろですが、混雑する時間帯はシーズンによって変わります。 天候にかかわらず、開館時間は午前8時から午前2時まで(年中無休)です。

After Your Visit

もちろんです。 写真にハッシュタグ#EmpireStateBuildingを付けてTwitterやInstagramに投稿すれば、当ウェブサイトのギャラリーページにあなたの写真が掲載されるかもしれません。 

紛失物については、(212) 736-3100までお問い合わせください。 見学中に落とし物を見つけた場合は、メインロビーの観光案内デスクまでお持ちください。 7日間を過ぎて引き取られない遺失物は保管されません。

The Tower Lights

当ビルでは年間を通じて、祝祭日やイベントに合わせてタワー照明の色を変えています。 タワー照明の全スケジュールと照明の理由については、タワー照明のスケジュールをご覧ください。

History & Facts

Building the Empire State(Carol Willis著)とEmpire: A Tale of Obsession, Betrayal, and the Battle for an American Icon(Mitchell Pacelle著)をお勧めします。 また、オリジナル写真や情報が満載の公式スーベニアブックも、ギフトショップまたはオンラインでお求めいただけます。

エンパイアステートビルは、ニューヨーク市とトライステート(NY、NJ、CTの3州)地域の放送事業の中心になっています。 そのテクノロジーは、ケーブルシステムや衛星システムへの放送信号の配信と、テレビやラジオの受信機への直接配信をサポートし、740万を超えるテレビ所有世帯、すなわち全米のテレビ所有世帯の6.5%以上に届いています。130を超えるアンテナは、公益事業会社、通信事業者、公安機関に無線およびデータ通信のさまざまな2地点間サービスを提供しています。 詳細は、当サイトの放送ページをご覧ください。

ニューヨーク州のニックネームが「エンパイアステート(帝国州)」なので、そこからエンパイアステートビルと名づけられました。 伝説では、ヘンリー・ハドソンが船でハドソン川を上っていたとき、その地域の美しさと威厳に感動し、「これこそ新しい帝国(エンパイア)だ」と言ったと伝えられています。

Partnerships, Jobs, & Events

もちろんです。 86階の展望台でサックス奏者が演奏しているときのプロポーズをお勧めします(木曜日~土曜日の午後10時~午前1時)。 ムード作りに、お好きな曲をリクエストできます。残念ながら、プロポーズのために展望台を閉めるリクエストには応じられません。

プライベートの結婚式は企画しておりませんが、 毎年バレンタインデーのウェディングコンテストを主催しています。選ばれたカップルが2月14日に、世界一ロマンチックなビルで結婚します。 詳細およびエントリー方法については、当ビルのFacebookページをご覧ください。

Other Questions

Tower Optical Companyです。 詳細は、Tower Optical Companyのサイトをご覧ください。

エンパイアステートビルは、NYC & Co. Visitor Center発行のトレードパスを持つ旅行会社に50%の割引を提供しています。 詳細は、NYCGo.com Tools for the Travel Tradeをご覧ください。

ニューヨークスカイライドは、エンパイアステートビルの2階で独立して所有運営されるアトラクションです。 詳細は、ニューヨークスカイライドのサイトをご覧ください。